• Find the Path, Find Your Best

    複雑で曖昧で不安定で不確実、VUCAな時代、コロナにより今までとは違うニューノーマルが始まり、さらにウクライナ侵略戦争で世界の根本が揺るぎ始めました。くらくらするような変化、これからどうキャリアを築き、どう生きていくのか、自分で決めていくしかない。若い人もシニアな世代も。

    マーケッター・コンサルタント・経営者・父親として年の長年の経験を経て、働き方・生き方をクライアントと一緒に考えるコーチングサービスを提供しています。

  • コーチングって何?

     キャリアをどう築けば良いのか、自分の能力をどう開発していくのか、新しい環境にどう適応していくのか、自分はこれから何を目標にしていけば良いのか・・。これらは結局自分で答えを出して実行していくしかありません。コーチングは米国で開発された手法です。コーチは様々なディスカッションを通して、クライアント自身が根本にある課題やオプションを発見し、新しい行動につなげていくことをお手伝いします。

     

     会社の上司は指示をしたり相談に乗ってくれるかもしれません。でも上下関係を意識せざるをえないため、本人の自発性が失われることもしばしばあります。

     組織の中で上になってくれば来るほどコーチングの必要性は高まります。職務が高度化する反面、本人の考え方は固定化し、周囲からのフィードバックも減ってくるからです。本当は新しい世界にチャレンジしないといけないのに、踏み出せない人は沢山います。

     さらに会社を離れた時、これからは自分で生活や生き方を設計しなければいけない、不慣れなためふと迷うこともあります。まだまだ人間的に成長していけるのに、諦めてしまう人もいます。

  • コーチングの実際

    これまでコーチングをしてきた中で

    何をコーチしてもらうの?

    ここでいうコーチングは、スポーツなどと違って特定の技能をクライアントに指導するものではありません。仕事の日常業務の改善などはあまり向いてないと思います。むしろ重要だけどなかなか手を付けられていない課題、例えばキャリアプランとかチームの改善とか、が適していると思います。また、人によってはこれからのライフプランの設計みたいなこともあります。

    いづれにしろ、コーチングの最初の段階での、テーマの明確化は非常に重要なので、じっくり話しまた途中で振り返るようにします。

     

     

    コーチは話を聞くだけなの?

    確かにコーチは相手を理解するために聞くことに徹しろとは言われます。様々な質問を通して相手の話を聞くというのは、コーチにはとても重要なスキルです。でも実際にはアイデアをぶつけたり、クライアントを刺激しないと、なかなか活発な議論や気づきも起きません。たまにはコーチが積極的にアドバイスをすることも構わないと私は思います。また行動を促すために、アドラー心理学で言う、”勇気づけ”も大事だと思います。

    ビジネスコーチとライフ

    コーチ?

    コーチングの課題は、仕事の話が多いとはいえ、そこにその人の価値観・これまでの人生経験・環境など様々なことが影響を与えていることがよくあります。だからビジネスコーチとライフコーチは重なる部分が多いのではないでしょうか。

    またビジネスにおいて個人が感じる様々な課題は、アートやスポーツなどと共通する部分が多いと思います。ビジネスの人が、アーティストやスポーツマンから学んだり、自分がビジネス以外で体験していることを振り返ることも有用です。私もスポーツや音楽、本や旅からビジネスのインスピレーションを得ることが多いように思います。

    コーチとクライアントの相性

     

    コーチングがうまく行くかどうかは、コーチとクライアントの相互作用によります。だから先ずは信頼関係、そして相性は成果に大きく影響すると思います。相性とはいっても、お互いが同じタイプである必要はなく、むしろ微妙に異なる方がうまく行くような気がします。また、コーチがクライアントよりかなり年齢・経験が上の場合、コーチが無意識にメンター アドバイザーになってしまう場合もあるので注意が必要です。私も若い人をコーチングする場合は、相手から学ぶ姿勢を大事にしています。

    時間・エネルギーの投資

    企業からの依頼でコーチングが始まった場合でたまにありますが、クライアントがコーチングに受け身なスタンスだと中々うまく行きません。また目の前の業務については一生懸命考えるのだけど、そこから離れたやや長期的・抽象的なことについては、考える訓練ができてないという場合もままあります。

    コーチングを通じて、自分もいろいろ考えたり、新しいやり方を試したりしないことには、成果が出るわけもなく、コーチングは無駄に終わることがあります。

    コーチングの効果?

    これはクライアントに意欲があって、コーチングの課題が明確で、それをうまく引き受けられるコーチを見つけられるかどうかによるでしょう。ぼわっと終わるコーチングもあると思います。でも、コーチングをきっかけにな何かが動き始めた方はいます。個人的にも、若い頃に受けたコーチとのセッションが心に刺さったことを覚えています。

    コーチングの対象者は?

    企業において多いのは、いわゆる管理職を対象としたExecutive Coachingだと思います。しかしコーチング自体は、相手が自分で考え行動できる段階の人であれば年齢を選ばないと思います。私はこれまで20代半ばの人から60代の人までやってきましたが、アプローチは同じです。また、人それぞれに興味深い課題があります。

    コストや時間はどの位?

    コーチングは会社が人材育成の一環として社員にコーチをつける場合と、個人がコーチを自分で頼む場合があると思います。特に個人で頼む場合は、そう大きなコストは払えないと思います。でも自分への投資ですから、無償というのも良くないと思います。期間も様々だと思いますが、経験的には3カ月・各1時間、8回位のセッションが課題解決には良いのではないかと思います。勿論その1時間だけで解決する訳でなく、フォローアップは必要です。

    コーチングはビジネスか?

    コーチに公的な資格はなく、一定のトレーニングを受けて得る民間資格です。コーチングの手法自体は心理学やカウンセリングを総合したようなものだと思います。企業を相手にサービス提供をしているコーチングの専門会社もあるので、そういう意味ではビジネスなのでしょう。ただ、私のように個人でやる場合、これをビジネスと呼ぶのは難しいかもしれません。根本は人の役に立ちたいとか、自分も学びたいということがモチ―ベーションになるわけで、収益ではありません。またやはりクライアントのことをじっくり考える訳ですから、沢山の人を相手にすることはできません。

    ゴール設定は難しい

    キャリアプランやライフプランをコーチングをする時に、ではゴールはという話になるのですが、これは簡単ではありません。例えば「将来経営者を目指したい」とか言っても、それがどこまで本当の望みなのか、具体的にどう動くのかなど、詰めることが沢山あります。そして何より、今の不確実な時代が先の話をすることを難しくしています。明確な目標に向かって突き進む、なんてそんなことが可能な時代でしょうか? ただし、それでも言葉に出して、先のイメージをクリアーにしていくことは大事で、コーチングの重要なタスクだと思います。

     

    自分は何者?

    コーチングは、基本的には目的を持った会話セッションです。コーチはクライアントの話に耳を傾ける訳ですが、結局一番大事なのは、その人の価値観や考え方の基本を探ることです。またクライアントも話をすることでそれを確認し、必要な調整を行うことができます。

  • 力を抜くこと

    スポーツの世界でよく力んではいけないと言われます。これは実際、力まないほうが大きな力(トルク)がでるということらしいです。勿論正しくは、力を入れるべき所だけに入れるとパフォーマンスが上がる。私もプールで泳いだり、楽器を吹く時に感じることがあります。この原則は働き方・生き方にも当てはまることだと思います。コーチングで出会う人にたまに、ものすごくまじめで、アグレッシブで、努力家で、でも視野が狭くなっている人がいます。どうやったらうまく力が抜けるのかは興味深いテーマです。

  • My Profile

    宮原伸生

    1959年 福岡県生まれ。

    久留米大学附設高校・米国ニューメキシコ州アルバカーキ市Sandia Prep School卒業。

    東京大学教養学部教養学科人文地理分科卒業。

    UCLA Anderson Graduate School of Management卒業(MBA)。

     

    (株)博報堂、マッキンゼー&カンパニーを経て数々のグローバルカンパニーでマーケティング・経営に従事。

     

    Coca-Cola Japan グループマネージャー(新規事業開発)

    Moet-Hennessy Diageo(現) マーケティングディレクター
    (ドンペリニオン・ヘネシー・ジョニーウォーカー他数多くのプレミアム酒ブランド)

    Kellogg Japan 社長(ケロッグ)

    GSK(Glaxo-Smith-Kline) Consumer Healthcare Japan/Korea 社長

    (シュミテクト・コンタック・ボルタレン・ポリデント他様々なヘルスケアブランド)

    2018年退職後、コーチとしての活動を始め、学習院大学非常勤講師(ビジネス総論)を務める。(一財)生涯学習財団 認定プロフェッショナルコーチ。
    著書「外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと」(ダイヤモンド)

     

    マーケティングプランナー・戦略コンサルタントとして働いた後、消費財事業会社でのマーケティング、経営全般の仕事に数十年間携わりました。その間、ブランド戦略・営業戦略は勿論サプライ―チェーン・リスク管理・組織開発など様々な課題に取り組みました。

     

    また働いてきたグローバルカンパニーでは、ダイナミックな組織変革に関わり、世界の優秀な人材と交わって働くことができました。その中で、日本の人材がグローバルに広がっていく際のチャレンジも肌に感じてきました。

     

    これらの実体験から、ビジネスにおける究極の課題は人であり、特に加速的なグローバル化に適応した人材開発が日本には急務だと考えています。

     

    趣味はジャズトランペットと俳句、旅・鉄道旅。旅から学ぶことが大好きで、海外の方へ日本の魅力を発信する「全国通訳案内士」の資格も持っています。

    (一財)生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ

  • Connect

    コーチングに関心のある方・アイデアを共有されたい方、どうぞお気軽にコンタクト下さい。