Men are Lost....

3月8日は「国際女性デー」ということで、いかに日本がこの点で遅れているかとか、こんなに女性が活躍できている会社があるとか(例えばIKEA)報道が多く見られた。それはいいし、Diversityはもっと進むべきだとは思うのだが・・・その陰で、今の男性の問題ということにももっと焦点を当てた方が良いと思う。元気で、生き生きと人生を切り開く女性が増えていく陰で、プレッシャーに負けていく男性、アイデンティティロスに悩む男性は多い。Washington Postの昨年の論説(Christine Emba)”Men are Lost”というのがあった。米国では、伝統的に強いマッチョな男性像以外のモデルがなく、自分がどうあるべきか悩む男性が多いとか。日本でも(おそらく世界中で)こういうことは起きているんだろう。大学でも知力・コミ力があり、元気がいいのは圧倒的に女子と聞くし(個人的経験でもそう感じる)、既成概念にとらわれずにキャリアや生き方を決めていく女性も増えてきた(管理職の割合がまだ低いにしても)そういう女性達は無論パートナーとしての男性への期待値も高いであろう。グローバル企業では、シニアなポジションの登用に関して、同じような能力の男女の候補がいた場合、女性を選ぶというのは暗黙のルールのようだ。もうユニセックスの時代で性差など意味がないんだと割り切るのも単純化しすぎのような気もするし。これからの男性のモデルはどういう姿なのか。もっとこの問に焦点をあててもいいのではないだろうか。